浜辺を歩くカップル

器質性早漏にはリドカイン

考え事をしている男性

器質性早漏にはリドカインなどの早漏防止グッズが高い効果を発揮します。陰茎に直接リドカイン成分を塗布することで、感覚を麻痺させ、刺激に対して鈍感にしてくれる効果があります。

この記事の続きを読む

心因性にはダポキセチン

仲がいいカップル

心因性早漏にはダポキセチンがおすすめです。早漏の原因となるノルアドレナリンは精神的なストレスを感じると過剰に分泌されてしまいます。ダポキセチンはノルアドレナリンの働きを抑制し、しっかりと早漏を防止してくれるんです。

この記事の続きを読む

飲み合わせには注意する

スマホを見ている男性

ダポキセチンとリドカインはどちらも副作用が少ない薬として知られています。確かに副作用は少ないですがダポキセチンはセロトニンの分泌を活発にする効果があるので、同じ効果のあるうつ病治療薬などとの併用には注意して下さい。

この記事の続きを読む

30歳を境に衰えていく

元気なポーズをとる男性

女性も男性も、30歳は大きな境目になると言われています。
30代というとまだまだ若い印象がありますが、男性にとっては少しずつ性の衰えを感じやすくなる年齢でもあります。
女性は30歳を境に性欲が右上がりに、男性は30歳を境に右下がりになると言われています。
そして30歳を境に、男性は自分の射精をコントロールしにくくなるとも言われているんです。
早漏というと、過度に興奮し過ぎたあまりに刺激に耐えられず、早めに射精してしまうことで起こると思われています。
そのため、性欲が落ち始める30代というのは、射精までの時間が長くなることはあっても短くなることはあまり想像がつかないかもしれません。
早漏というのは、射精筋の衰えによっても起こりますし、ストレスが原因でも起こります。
最近射精の勢いがなくなってきたな、という人は射精筋が衰えている可能性があるので注意が必要です。
30代となると、会社の中でもそれなりに責任のある仕事を任されたり、役職に就いたりする年齢ですよね。
そうなると精神的なストレスも多くなり、早漏気味になってしまうんです。
射精筋などの衰えが原因で早漏になることを、器質性早漏と言います。
仕事などによる精神的なストレスが原因の早漏は心因性早漏と言います。
器質性早漏と心因性早漏は、早漏になる原因が違うので、別々の対策を考える必要があります。
そこで、器質性早漏にはリドカインを、心因性早漏にはダポキセチンをおすすめしたいと思います。
器質性早漏と心因性早漏が併発している場合もあるので、そういった場合はリドカインとダポキセチンの併用をおすすめします。